img_02

自分に合った英語が身に着くフィリピン留学

近年、フィリピン留学は、自分に合った英語力が身に着くということで、人気が高まっています。
日本から近く、利便性が高いことや、欧米各国に比べ物価が格段に安く、留学費用が月に十数万円とリーズナブルなことも人気の理由ですが、それだけではありません。

欧米への語学留学の場合、1日に数時間、大人数のグループレッスンを受けるのが主流なのに対し、フィリピンでは、1日の授業時間も長く、マンツーマンの個人レッスンが多く組み込まれています。

短期のフィリピン留学に有効な情報の紹介です。

マンツーマンのレッスンでは、ビジネス英語の習得や、TOEIC、TOEFLといった試験の勉強など個人のニーズと、初級から上級までそれぞれのレベルに合った指導を受けることができます。

さらに、発言する機会も多く、講師との距離も近いため気軽に質問ができ、理解するまでしっかりと説明してもらうことで、短期間でもより大きな成果を期待することができるのです。

また、講師の質の高さにも定評があり、以前から、他のアジア諸国では、その質の高さからフィリピン留学の人気がありました。
英語が公用語のフィリピンですが、母語として英語を話す人は、それほど多くありません。

学校教育で英語を学び、習得した人が多く、講師自身も学習者であった経験があることから、単に話せるだけではなく、文法の知識を身に着け、外国語として学ぶ生徒たちに論理的な説明をすることができるのです。

日本経済新聞の特別な情報を載せています。

このような理由から、フィリピン留学はこれまで費用の面で語学留学を諦めていた方、大人数のレッスン中に発言や質問をするのが苦手なシャイな方、質の高い講師から自分のニーズとレベルに合ったレッスンを受けたい方から選ばれる留学先になっています。